decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

ケア樹あそぶ-反応動作設定

反応動作設定は、ケア樹あそぶログイン後にメインメニューを表示中の待機時にセンサーで感知して自発的に発言や動作をする設定ができます。

例えば人が近づいたら「こっちに来て遊びましょうよ」と発言したり、
人数が変化した時に「人がたくさんいるので緊張しますよ」などとPepperが発言するようになります。

コンテンツ管理画面 より「基本項目設定」をクリックし、「システム設定からコピー▼」の中から「システム設定2」
をクリックします。

クリックすると、下記リストがコピーされます。設定の場合には、項目名変数名はそのままにして下さい。
※変数名は間違いがあると、再生されませんのでお気をつけ下さい。

リストコピー後は、設定値と使用例の項目を利用します。参考の例が表示されますので、については、リスト下で説明しています。ご確認下さい。

■設定値  行動する内容の「文字、再生したいコンテンツID、変数名」を入力します。
■使用例  設定した行動を行う時間を指定する

項目名 変数名 設定値(処理を実行するスクリプトを実行する) 使用例   ( 有効時間を指定する)
人数変化 VisiblePeopleList script:14                                          
人が接近(近) PersonEnteredZone1 command:RaiseHand          
人が接近(中) PersonEnteredZone2 こんにちは                             10:00-17:00     
人が接近(遠) PersonEnteredZone3 いらっしゃいませ
人が接近 PersonApproached 近づいたね、よろしく
人が離れる PersonMoveAway
音を検知 SoundLocated
動き検知 MovementDetected
動きなし NoMovement
人を検出 PeopleDetected
見つめる StartsLookingAtRobot
見ている LookingAtRobot
見終わる StopsLookingAtRobot
笑っている PersonSmiling
感情(落ち着く) Calm
感情(怒る) Anger 怒らないでね
感情(喜ぶ) Joy うれしい、良かった
感情(悲しい) Sorrow 大丈夫よ

<検知の種類が同じで話す内容を複数用意する場合、日本語入力なら点【、】英数入力ならカンマ【,】を付けます。>

【例 script:14】<14=ふるさと(歌)>
script:(コロン)に続けて処理・動作を実行するケア樹あそぶの管理画面に表示されているIDを入力します。Pepperが検知した場合、コンテンツを再生します。

【例 command:RaiseHand 】<RaiseHand= 手をあげる運動>(コマンドリストは、こちらをクリック。)
command:(コロン)に続けて処理する動作の変数コードを入力します。
Pepperが検知した場合、指定の動作を行います。

【例 ボタンを選んでね、一緒に遊ぼう】
文字を入力したらPepperがその言葉を話します。指定した文字を話します。

【例 10:00-17:00】
設定した行動を行う時間を指定すると、その時間に処理・動作を行います。

 

設定値と使用例が空白の場合は、動作は行いません。空白でも問題はありません。
最後に、「保存」ボタンをクリックして下さい。保存をクリックしないと、データが残りません。
Pepper本体でコンテンツの更新確認については、ケア樹あそぶアプリの再起動でなります。

※メインメニュー>「カテゴリ」ボタン>詳細メニューに入ると待機状態のPepperになります。

LEAVE A REPLY

loading
×